アイリッジがテラスモール松戸公式アプリを開発支援

2019年10月26日 16:02

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

アイリッジ<3917>(東マ)は、住商アーバン開発(東京都千代田区)が10月23日(水)から提供を開始したスマートフォンアプリ「テラスモール松戸アプリ」の開発を支援した。

アイリッジ<3917>(東マ)は、住商アーバン開発(東京都千代田区)が10月23日(水)から提供を開始したスマートフォンアプリ「テラスモール松戸アプリ」の開発を支援した。[写真拡大]

写真の拡大

■「FANSHIP」を活用したOne to Oneコミュニケーション機能も実装

 アイリッジ<3917>(東マ)は、住商アーバン開発(東京都千代田区)が10月23日(水)から提供を開始したスマートフォンアプリ「テラスモール松戸アプリ」の開発を支援した。

 「テラスモール松戸アプリ」は、周辺エリア(テラスモール松戸から5km圏内)最大級のショッピングセンター「テラスモール松戸」(千葉県松戸市)の顧客向けアプリで、テラスモール松戸ポイントカード機能を兼ね備えている。同ショッピングセンターは住商アーバン開発が10月25日(金)にグランドオープンする。

 テラスモール松戸では、施設を便利に利用するためのテラスモール松戸カード会員に先行登録ができるティザーアプリを9月20日から提供開始しており、今回施設の新規開業に合わせて、顧客とのコミュニケーションを活性化する本番アプリへとアップデートを行った。    アプリでは、アイリッジのファン育成プラットフォーム「FANSHIP」を通じて、お気に入りショップのニュース発信を皮切りに顧客とのOne to Oneコミュニケーション機能を強化していく予定としている。

 アプリ紹介ページ: https://terracemall.com/matsudo/app/ (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
レカムは調整一巡、19年9月期3Q累計は減益、4Qの挽回期待(2019/08/26)
LibWorkは注文住宅メーカー、20年6月期大幅増収増益・増配予想(2019/08/26)
うかいは調整一巡、20年3月期1Q営業減益だが通期営業増益予想(2019/08/23)
【特集】熱中症予防関連銘柄へアプローチ!定番・常連銘柄&意外銘柄は?(2019/07/29)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング