ミッドウェー沖の海底で「加賀」と「赤城」が見つかる

2019年10月22日 09:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 過去に海底に沈んだ旧日本軍の戦艦「武蔵」や「山城」、「比叡」を発見している故ポール・アレン氏の出資する探索チームが、北太平洋ミッドウェー沖の海底で旧日本軍の空母「加賀」と見られる船体を発見した(共同通信NHKハフィントンポスト)。

 また、これ以外にも海底で船影を発見しており、こちらは同じく旧日本軍の空母「赤城」か「蒼龍」だと見られている(共同通信の続報)。

 いずれもゲーム「艦これ」の人気キャラである(違う)。

 なお、その後加賀に続いて発見された船影は赤城だったことが確認されたと探査船RV PetrelがFacebookに投稿しているNHK)。

 スラドのコメントを読む | 軍事 | ニュース

 関連ストーリー:
故ポール・アレンの調査チーム、今度は米空母ホーネットを発見 2019年02月14日
戦艦「比叡」、ソロモン諸島の海底で見つかる 2019年02月06日
Microsoft共同創業者のポール・アレン氏、死去 2018年10月16日
ポール・アレン氏の沈没船探査チーム、今度は戦艦山城を発見 2017年11月29日
ポール・アレン、シブヤン海で武蔵を発見 2015年03月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードポール・アレン

広告

財経アクセスランキング