前日に動いた銘柄 part1 ジューテック、カワタ、UMCエレなど

2019年10月22日 07:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1 ジューテック、カワタ、UMCエレなど
銘柄名<コード>⇒21日終値⇒前日比
ソレイジア<4597> 151 +1
口腔創傷被覆保護材「エピシル」が韓国承認取得。

ZOZO<3092> 2522 -3
Uアローズ<7606>が通販サイト運営を再委託と伝わり一時上げ幅拡大。

日伝<9902> 2064 -68
通期営業益を下方修正、増益予想から一転して減益見込む。

ジューテック<3157> 1305 +300
上期営業利益を上方修正、減益から一転して増益見込みへ。

カワタ<6292> 1124 +150
全固体電池関連として短期資金の関心向かう。

UMCエレ<6615> 501 +80
400円レベルでの下げ止まり感から自律反発。

キャリアインデックス<6538> 545 +80
引き続きリブセンスからの事業譲受を材料視。

東京産業<8070> 570 +45
業績上振れ期待などを手掛かりに上値追いか。

TATERU<1435> 205 +9
目立った材料もなくショートカバーが優勢か。

高砂熱学工業<1969> 1918 +66
上半期業績予想並びに受注高の上方修正を発表。

マルマエ<6264> 1036 +47
先週末には東海東京証券が投資判断を格上げ。

ミサワ<3169> 791 -18
前週末にかけての大幅高から過熱警戒感も。

スノーピーク<7816> 1110 -86
第三者割当による新株予約権発行で潜在的希薄化を嫌気。

アプラスフィナンシャル<8589> 93 -5
100円超レベルでは上ヒゲが目立つ格好で。

曙ブレーキ工業<7238> 214 -11
東証が上場維持を発表も出尽くし感優勢か。

KOA<6999> 1356 -51
第2四半期決算下振れで第3四半期も回復緩慢見通し。

サニックス<4651> 368 -13
25日線割れで見切り売りなども優勢に。

インターアクション<7725> 1887 -72
決算発表後の出尽くし感優勢の流れ続く。

シスメックス<6869> 6780 -244
目立った悪材料見当たらず戻りの鈍さなど嫌気か。

竹内製作所<6432> 1672 -35
足元の業績懸念から上値は重く。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース