CAC Holdings 第3回CACカップ学生ボッチャ交流戦開催報告、選手・アシスタントを含め110名参加

2019年10月18日 18:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:02JST CAC Holdings---第3回CACカップ学生ボッチャ交流戦開催報告、選手・アシスタントを含め110名参加
CAC Holdings<4725>は17日、第3回CACカップ 学生ボッチャ交流戦を9月28日に墨田区総合体育館において開催したことを報告。

同社グループは、2016年より日本ボッチャ協会のゴールドパートナーとして障害者スポーツボッチャの普及・支援に取り組んでいる。本大会はその一環として2017年から同社グループ社員自らが企画、運営を行い、都内の特別支援学校の生徒を対象とした交流戦として開催している。今大会は、昨年を上回る12校20チーム、選手とそのアシスタントを含め約110名による熱戦が繰り広げられた

CACカップは来年も開催予定で、同社ではボッチャに取り組む全ての選手達が参加を目指す大会に成長させていきたいとしている。《SF》

広告