国際 RSS

 

米サンフランシスコ市、新興事業を公共の場で展開する企業に事前審査求める

2019年10月17日 17:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 サンフランシスコ市の監督委員会会長であるNorman Yee氏は、公共スペースで新しいイノベーション・サービスを展開する前に、市から許可を得る仕組み「Office of Emerging Technology(OET)」を創設する法案を提出した。この法案では、新興技術をサンフランシスコの所有する都市資産または公道などで展開する場合、OETのディレクターから事前に許可を得る必要があるという。

 Yee氏は「私たちは技術が都市にどのような純公益をもたらすのか検討すべきだ。住民、労働者、訪問者が知らないうちに新技術のモルモットにならないように、コストと利益を評価しする必要がある」と述べた。サンフランシスコは長年、ハイテク企業の実験場となってきた一面がある。例えば、荷物配達ロボットやドックレス電動スクーターといった、あらゆる種類の発明が公共スペースで展開されてきた。

 しかし、サンフランシスコでは、これらの新サービスを管理するルールは存在していなかったという。そのことが都市の住民や事故が発生するリスクを生み出していた。このプロセスをスムーズにするため、Yee氏はOETを、新しいイノベーションが街頭に出る前に調整を行う一種の規制のキャッチオール部門として提案したとしている(Reason.comSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ビジネス | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
サンフランシスコ空港、空港内でのペットボトル入り飲料水の販売を禁止へ 2019年08月15日
サンフランシスコでスプリングや圧縮空気でジャンプできる棒「ポゴスティック」のレンタル計画がスタート 2019年06月07日
米サンフランシスコ市、警察など公的機関での顔認証技術の使用を禁止 2019年05月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードサンフランシスコ