イワキの第3四半期は、医薬・FC事業が好調で、増収増益

2019年10月15日 08:51

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■通期では利益面での上振れも

 イワキ<8095>(東1)の第3四半期は、医薬・FC事業が好調で、増収増益となった。

 19年11月期第3四半期連結業績の売上高は463億96百万円(前年同期比5.1%増)、営業利益17億円(同20.4%増)、経常利益18億16百万円(同20.4%増)、純利益11億46百万円(同12.0%増)となった。

 セグメント別業績を見ると、医薬・FC事業の売上高は182億8百万円(同12.4%増)、営業利益は17億29百万円(同 46.9%増)となった。

 HBC事業は、売上高は182億29百万円(同0.6%減)、営業利益△20百万円(前年同期1億28百万円)と減収減益であった。

 化学品事業は、売上高は53億38百万円(同8.6%増)、営業利益は12百万円(同 87.2%減)と増収ながら大幅減益。

 食品事業は、売上高は31億75百万円(同0.9%減)、営業利益△20百万円(前年同期△15百万円)であった。

 進捗率を見ると、売上高73.6%(前期73.5%)、営業利益85.0%(同76.4%)、経常利益90.8%(同75.4%)、純利益73.9%(同72.4%)となっていることから利益面での上振れも見込める。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】金価格関連株に注目、穴株は金庫株、メガバンク株は逆張りも一考の余地(2019/08/19)
【特集】「究極のディフェンシブ株」はこれだ!ラッキーセブン銘柄(2019/08/13)
【編集長の視点】JSSは反落も2ケタ増益転換の1Q業績見直しに2020東京五輪関連人気が加わり押し目買い妙味(2019/09/02)
【特集】「全米オープンテニス大会」と「ラグビー・ワールドカップ」のスポーツ・イベント関連銘柄を探る(2019/08/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース