日本、史上初のベスト8進出 ラグビーW杯

2019年10月14日 09:07

小

中

大

印刷

 13日、横浜国際総合競技場で行われたラグビーワールドカップ(W杯)1次リーグA組の最終戦で、日本がスコットランドと対戦、28-21で勝利し、史上初のベスト8入りを決めた。日本はプールA1位となり、決勝トーナメント準々決勝でプールB2位の南アフリカと対戦する。

 6分、スコットランドはラインアウトからクロスキックを絡めて大きく展開し、ラッセルが守備の隙を突いて右中間に先制のトライ、コンバージョンも成功する。14分、日本は敵陣45mの位置でペナルティを得てゴールを狙うもキッカーの田村は惜しくも外す。

 18分、日本は左サイドライン際を切り込んだ福岡が倒されながらも松島へのパスが繋がりそのままトライ、コンバージョンも成功し、7-7の同点に追いつく。26分、日本は中央を松島が突破し堀江、ムーア、トゥポウ、稲垣とオフロードパスを次々と繋いでトライ、コンバージョンも成功、14-7と突き放す。

 38分、日本はペナルティを得てゴールキックを選択するも再び惜しくも外す。しかし直後にラファエレからのキックパスに走り込んだ福岡がボールをキャッチし、そのままトライ、コンバージョンも成功、21-7のリードで前半を終える。

 後半開始直後の42分、密集からボールを奪った福岡がそのまま独走してトライ、コンバージョンも成功し、28-7とリードを広げる。しかし49分、スコットランドはスクラムからで日本のディフェンスを振り切ってネルがトライ、コンバージョンも成功、28-14と反撃を始める。

 51分、スコットランドは一気に4人を交代し、勝負をかける。すると54分、クイックスローから攻め込み、グレイからオフロードパスで繋いだボールをフェーガーソンが持ち込んでトライ、コンバージョンも成功、28-21と追い上げられる。この後、スコットランドは最後まで分厚い攻撃を続けるも、スコアは動かず終了した。

関連キーワードワールドカップ(W杯)ラグビー

広告

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース