東京為替:ドル・円は動意薄、全般的に様子見

2019年10月10日 14:03

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:03JST 東京為替:ドル・円は動意薄、全般的に様子見
10日午後の東京市場でドル・円は107円40銭台と、動意の薄い値動き。日経平均株価と上海総合指数は前日終値を上回る水準で取引されているが、欧米株式先物はマイナス圏での推移が続きリスク選好的な円売りを抑制。また、米10年債利回りは上げ渋り、ドル買いは引き続き入りづらい。全般的に様子見ムードのようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円04銭から107円77銭、ユーロ・円は117円58銭から118円43銭、ユーロ・ドルは1.0971ドルから1.0993ドルで推移した。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース