国際 RSS

 

民間団体が所有していたB-17爆撃機、着陸失敗で死亡事故 米国で

2019年10月8日 17:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 歴史的な航空機や自動車を収集・保存している米国の非営利団体Collings Foundation(コリングス財団)が保有・運用していたB-17爆撃機が着陸に失敗、空港施設に衝突して少なくとも7人が死亡する事故が発生したとのこと(朝日新聞AFP)。離陸直後に何らかのトラブルがあり、航空に戻ろうとしたが着陸に失敗したという。

 B-17は第二次世界大戦前に米軍による運用が開始された爆撃機。コリングス財団はこの機体を使った見学・搭乗ツアーを実施していた。

 スラドのコメントを読む | 軍事 | アメリカ合衆国 | 交通

 関連ストーリー:
米国政府、B-52爆撃機を核武装させ24時間臨戦体制へ。冷戦後初 2017年10月28日
米軍の爆撃機「B-52」は90年近く現役で稼動する見込み 2015年12月12日
老朽化したB-52とB-1に変わる新型爆撃機、ノースロップ・グラマンが受注 2015年11月03日
米空軍の戦略爆撃機「B-1」および「B-2」、2020年代後半ごろより退役へ 2018年02月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告