東京為替:ドル・円は106円80銭台、米長期金利は下げ渋り

2019年10月7日 14:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:42JST 東京為替:ドル・円は106円80銭台、米長期金利は下げ渋り

 7日午後の東京市場でドル・円は106円80銭台と、底堅さを維持している。米10年債利回りは1.52%台で下げ渋り、ドル売りを抑制したようだ。また、日経平均株価の下げは限定的で、円買いを弱めている。ただ、米株式先物は引き続きマイナス圏のため、ドル買いは仕掛けづらい。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円66銭から106円88銭、ユーロ・円は117円09銭から117円37銭、ユーロ・ドルは1.0974ドルから1.0990ドルで推移した。《FA》

広告

財経アクセスランキング