消費税の10%への引き上げに関連したシステム障害、複数企業で発生

2019年10月3日 09:55

印刷

記事提供元:スラド

 10月1日より、消費税が10%に引き上げられた。これにあわせて多くの店舗でレジのシステム変更などが行われたが、これにまつわるシステムトラブルも発生しているようだ。

 コンビニチェーンのミニストップでは1日午前0時から3時頃の間、代金の計算を間違えるトラブルが発生した(NHK)。また、回転寿司チェーンのスシローでは一部店舗で消費税が0%で計算されるトラブルが発生した(日経xTECH)。さらに、カフェチェーンのドトールコーヒーで特定のメニューを注文しポイントで支払った場合、レジが機能しなくなるトラブルが発生した(ITmedia)。

 そのほか、鹿児島県内の商業施設やスーパーでもシステム障害が発生したと報じられている

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | バグ | IT | お金

 関連ストーリー:
セブン-イレブンが消費税の計算方法を変更、商品を1点ごとに個別に会計した方が安くなるケースが発生 2019年09月19日
ケンタッキーフライドチキン、消費税増税後も持ち帰りと店内飲食の税込み価格を揃える方針 2019年07月22日
消費増税のポイント還元、循環取引による不正の恐れが問題に 2018年12月20日
HTTP-over-QUICと呼ばれていたプロトコルの名称がHTTP/3に 2018年11月14日
店先ベンチでの飲食は消費税10%? 2018年11月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード消費税ミニストップスシロードトールコーヒー

関連記事