ルネサスエレクトロニクスは従業員向けストックオプションが注目されて続伸

2019年9月25日 13:58

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■モチベーションアップによる業績への寄与など注目される

 ルネサスエレクトロニクス<6723>(東1)は9月25日、2日続伸基調となり、13時にかけては4%高の707円(30円高)前後で推移。24日、8月に決議したストックオプション(新株予約権)に関し、未確定となっていた事項を発表し、「日本国外に在住する当社子会社の従業員441名に対し3516個を割当てる」とした。経営陣ではなく従業員ということで、モチベーションのアップによる業績への寄与などが注目されている。

 この新株予約権は「2019年度新株予約権第10号」。発表では、「株価上昇によるメリットと株価下落によるリスクを株主の皆様と共有することにより、従来以上に株価上昇と企業価値向上への貢献意欲を高め、ひいては当社グループの企業価値を向上させることを目的とする」などとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング