「iOS 13」の不具合まとめ 好評の一方で不具合も多発

2019年9月23日 18:49

小

中

大

印刷

まだ様子見のユーザーは、iOS 13の自動アップデートが適用されないよう設定を変更しておくことをおすすめする。

まだ様子見のユーザーは、iOS 13の自動アップデートが適用されないよう設定を変更しておくことをおすすめする。[写真拡大]

写真の拡大

 9月20日、Appleは最新のiOS「iOS 13」をリリースした。今回は、暗い場所でも見やすいインターフェース「ナイトモード」などの新機能や、処理速度の向上など、大型アップデートらしい変更点が豊富。既に多くのユーザーがアップデートを適用しており、概ね好評で満足度も高い。一方、現在までに致命的な不具合こそ起こってはいないものの、やはり容量の大きい大型アップデートに付き物である不具合も発生している。

【こちらも】Apple、Googleの技術者によるiOS脆弱性に関する指摘に反論

 特にTwitter上での報告が多かったのが、特定条件下において画面のタップ操作の反応が悪くなる不具合だ。特に、トリプルタッチ及び4点マルチタッチを使うようなリズム系のゲームアプリがプレイしづらくなっている。ゲームアプリを日常的に使用しているユーザーにとっては問題であり、既に大きな影響が出ている。

 今回のアップデートでインターフェースが大きく変更された写真アプリの不具合も、報告されている。膨大な写真の中から目的の写真を探すまで、時間短縮のため高速スクロール操作を行う人も多い。しかし、高速スクロールを行うと写真アプリが突然強制終了しやすくなる。

 さらに、一部ユーザーの間ではApple純正のメールアプリで受信メールの取得が困難になる不具合が発生している。過去のメールが「送信者なし」や「件名なし」になってしまうそうだ。なお、この不具合はマルチタスクでアプリを完全終了し、さらにiPhoneも再起動させることで改善する可能性が高いという。

 メールアプリに関しては、ウイルスバスターモバイルアプリのVPNとの相性が悪いことも、不具合誘発の原因となっていたようだ。23日時点で対応パッチが配信されており、VPN機能が原因だった不具合は解決している。

 Appleは不具合に対処するため、日本時間の25日に早くも次回アップデート「iOS 13.1」を配信することを発表。合わせて、当初10月初旬に予定されていたiPad OSも25日に配信されることが決定した。iOS 13にアップデートしてしまった人は、iOS 13.1が配信されたらすぐに適用することをおすすめする。まだ様子見の人は、iOS 13.1のリリースを待ってからでも遅くない。(記事:森野沙織・記事一覧を見る

関連キーワードiOSAppleiOS 13

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース