未確認飛行物体の目撃報告、米海軍が「未確認航空現象」と呼び公表

2019年9月21日 13:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米海軍が過去に撮影したとされる「未確認飛行物体」の映像について、「未確認航空現象(UAP)」として調査を行なっていることを認めたという(CNNニューズウィーク日本版)。

 問題の映像は2004年および2015年に撮影されたもの。こうした未確認の航空現象には報告されていないものも多数あるが、そういった目撃情報の報告を促すため、軍の機密指定を解除して公開したという。

 スラドのコメントを読む | 軍事 | ニュース | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
英政府、1965年から2008年までのUFO Filesを公開 2012年07月14日
ニュージーランド政府、UFO関連ファイルを公開 2010年12月25日
「UFOは存在しない」英国防省が結論 2006年05月08日
アメリカ海軍のUFO公認で息を吹き返すUFOコミュニティとハンターたち 2019年06月07日
米国防総省、UFO調査活動を行っていた? 予算規模は2200万ドル 2017年12月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース