エクアドルで大規模個人情報流出、流出件数は人口を超える

2019年9月19日 18:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 南米エクアドルで2000万人以上の個人情報が流出する事件が発生した。流出した個人情報は氏名・生年月日・出生地・住所・メールアドレス・身分証明書番号・納税者番号・銀行口座の番号および残高・学歴・携帯電話番号など。故人の情報もあり、それに関しては死亡日時や死因なども含まれていたという(NHKCNNCNET Japan)。

 これについて、「国民の情報の管理を委託していた民間の会社」が攻撃された結果とエクアドル政府は発表している。情報の流出元はエクアドルのコンサルティング企業Novaestratで、同社はデータ分析などに使われるデータベースソフトウェア「Elasticsearch」のサーバーをパスワードなしで誰でもアクセスできる状態にしていたという。

 エクアドルの現在人口は約1650万人で、ほぼすべての国民の情報が漏れたことになる。残りの数百万件についてはすでに亡くなった人とみられるが、現時点で正確な内訳は分かっていない。最近まで在英エクアドル大使館にこもっていたジュリアン・アサンジ被告の個人情報も含まれていたようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット | IT | 情報漏洩

 関連ストーリー:
半田ごてメーカー白光のECサイトで個人情報漏洩、個人情報が含まれたファイルが外部から見える状態だった? 2019年04月01日
キョードー東京のチケット販売サイト、他人の個人情報が表示されるトラブル 2019年03月17日
ゲイ向け出会い系アプリ「Jack'd」で非公開設定でアップした写真に不特定多数がアクセスできる不具合が見つかる 2019年02月14日
川の水位監視や水門管理を行うシステム、インターネット経由でアクセス可能になっていた 2017年07月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードパスワード

広告