Twitterで「機種依存文字 Unicode」と検索、自殺防止ボランティアの広告表示

2019年9月18日 18:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Twitterの検索で「機種依存文字」および「unicode」という単語でツイートを検索すると、自殺防止ボランティアの広告が表示されるそうだ(INTERNET Watch)。

 これは、「依存」という単語と、過剰摂取(オーバードース)を意味する「od」の2つが含まれているのが原因と見られている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Twitter | 変なモノ | IT

 関連ストーリー:
子供向けアプリ「YouTube Kids」で成人向けコンテンツが視聴可能なことが判明 2015年05月20日
インターネット上の情報は自殺を促す方向に偏り 2008年04月13日
検索エンジンは人間の外部記憶装置と成りつつある? 2011年07月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitter

広告