同期して光らせるためにセンサーを内蔵したDDR4メモリが登場

2019年9月18日 08:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨今では光るSSD光るDDR4メモリモジュールは珍しくないが、一般的なPCでは複数のメモリモジュールを接続することが多いため、発光パターンが変化するようなメモリモジュールを導入した場合、それぞれの光り方が揃わないという問題があった。これを解決するため、モジュール上にセンサーを設置したDDR4メモリモジュール「FURY DDR4 RGB Memory」が登場した(AKIBA PC Hotline!)。

 このメモリモジュールには赤外線センサが内蔵されており、これによってほかのメモリモジュールと発光パターンを同期できるようになっているという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
冷却液入りの光るDDR4メモリ 2018年07月17日
3色LED内蔵で派手に光るSSD 2018年06月18日
Intel、「未来のGPU」のイメージ画像を発表 2019年06月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新キャラクターのデザイン(画像: ヤマトホールディングスの発表資料より)
  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース