NY原油:大幅反落で59.34ドル、サウジアラビアの石油生産量は数週間で回復との観測

2019年9月18日 07:36

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:36JST NY原油:大幅反落で59.34ドル、サウジアラビアの石油生産量は数週間で回復との観測
NY原油先物10月限は大幅反落(NYMEX原油10月限終値:59.34 ↓3.56)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比-3.56ドルの59.34ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは58.46ドル−62.59ドル。サウジアラビアの石油施設への攻撃によって同国の石油生産量は大幅に減少すると懸念されていたが、今後数週間で生産量は施設攻撃前の水準を回復するとの一部報道を受けて短期筋などの売りが広がった。NY原油先物は通常取引終了後の時間外取引で58.46ドルまで下落している。《CS》

広告

財経アクセスランキング