【新規上場(IPO)銘柄】バルテスは既存顧客からの引き合い強い、1400円前後は買い好機

2019年9月14日 17:01

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 バルテス<4442>(東マ)は、5月30日に東京証券取引所マザーズに上場。2004年4月の創業以来、「品質向上のトータルサポート企業」を経営方針に掲げ、ソフトウェアの品質に関わるサービスを提供。ソフトウェアテストサービス事業が8割以上を占めているが、近年はモバイル機器の普及に伴い、Web/モバイルアプリ開発サービス、更に、オフショアサービス事業も展開している。

 ソフトウェアテスト専門会社として、年間1,200件以上(2019年3月期)のプロジェクト実績を誇り、年々数百プロジェクト単位で増加している。組込み機器、Webサイト・アプリ、業務システムなど幅広いテストサービスを展開し、幅広い業界に対応している。社員のJSTQB取得率は92%で業界最高水準を誇っている。開発に伴う品質コンサルや社内教育セミナーの実施など様々なソリューションを提供していることが、同社の強みとなっている。

 今20年3月期第1四半期売上高10億5000万円、営業利益500万円、経常利益300万円、最終損益は400万円の赤字に着地。ソフトウェアテストサービス事業で、同社のテストサービスに対する信頼が主に既存顧客との取引拡大に繋がった。

 今20年3月期業績予想は、売上高44億9600万円(前期比37.1%増)、営業利益2億7700万円(同47.4%増)、経常利益2億7700万円(同48.4%増)、純利益1億9400万円(同31.3%増)と当初計画を上回る見通し。特に既存顧客からの強い引き合いを背景に、売上高が当初計画を大きく上回って着地しており、第2四半期累計期間以降においても同様の状況が継続する見込み。年間配当予想は、無配を予定している。

 株価は、6月4日につけた上場来の高値2250円から6月24日安値1294円、8月6日に上場来の安値1271円、8月26日安値1415円と売られた後、9月9日高値1736円と買い直され上げ一服となっている。今20年3月期は既存顧客からの強い引き合いがあり、業績は好調に推移しており、1400円前後下押す場面は買い好機となりそうだ。(株式評論家・信濃川)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
うかいは調整一巡、20年3月期1Q営業減益だが通期営業増益予想(2019/08/23)
【特集】熱中症予防関連銘柄へアプローチ!定番・常連銘柄&意外銘柄は?(2019/07/29)
【特集】3カ月ぶりに年初来高値を更新したトヨタ自動車に追随する銘柄は?(2019/07/22)
【5G(第5世代移動通信システム)関連銘柄】人気突出が目立った注目銘柄&波及銘柄(2019/07/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング