旭化成 リバウンド基調継続で75日線を捉える

2019年9月12日 08:36

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:36JST <3407> 旭化成 - -
8月以降、これまでの1100-1200円処でのもち合いレンジを大きく下回る格好となり、8月半ばには900円処まで急落した。その後は900円処での底固めを経て、足元でリバウンド基調が強まってきており、75日線を捉えてきている。一目均衡表では雲の薄いところを突破しつつあるほか、遅行スパンは実線を突破し、上方シグナルを発生させてきている。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース