iOS 13、日本での配信開始はiPhone 11の発売と同じ9月20日に

2019年9月12日 12:26

小

中

大

印刷

 9月10日午前10時(日本時間9月11日午前2時)から、米クパチーノでApple最大の祭典であるApple Special Eventが開催された。今回は、Apple史上初となるYouTubeでのライブ配信も行われた。

【こちらも】Apple、iOS 12.4.1配信 脱獄可能な脆弱性を修正

 とりわけ会場の話題を集めたのが、iPhoneブランドの新作となるiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの発表だ。Appleの発表によると、iOS 13は、9月19日からの配信となり、日本時間では、今回発表されたiPhone 11シリーズの発売日である9月20日からの配信となる。

 iOS 13では、パフォーマンス強化、マップアプリの大幅な強化、Sign in with Appleでのセキュリティ強化などが行われる。6月に開催されたWWDC19のプレゼンでは、目玉となるダークモードの追加に力を入れていた。既にベータ版を試してみたユーザーも多いのではないだろうか。

 しかし、残念ながらiOS 13よりiPhone 5sとiPhone 6はサポート対象から外れることになる。iPhone 5sとiPhone 6がベースとなっているiPhone SEは、今回はかろうじてサポート対象に含まれている。

 iPhone SEは今年初めにアメリカで再販された際にはすぐに完売、日本でもMVNOの主力製品の1つとなっており、依然高い人気を持つ。順番通りにいけば来年の大型アップデートの対象に含まれるかは雲行きが怪しいが、少しでも長く使いたいと望むユーザーの声に応えてほしいところ。

 次回よりiPhoneとは別のOSとなるiPad OSの配信だが、こちらは少し時間を置いて9月30日(日本時間10月1日)より開始予定。新型iPadの発売日に合わせた配信日となる。対応端末は、iPad Air 2以降、iPad Pro、第5世代以降のiPad及びiPad mini 4以降。

 先日のAndroid 10と同じく、大型アップデート配信直後は多くのアプリで対応が追いついていない場合もある。動作確認が取れてからのアップデートをおすすめする。(記事:森野沙織・記事一覧を見る

関連キーワードiOSAppleiPhoneiPadYouTubeiPhone SEiPhone 11iOS 13

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース