KB4512941で新たな問題、スクリーンショット撮るとオレンジ色に

2019年9月11日 20:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 すでに8月30日のWindows 10累積アップデート「KB4512941」を適用すると特定条件でCPU負荷が異常に高くなる問題が報告されているが、このアップデートで発生する別の不具合として、保存したスクリーンショットがオレンジ色になってしまうというものが新たに報告されている。これはアプリケーションやスクリーンショット保存方法に関係なく発生するらしい。

 ほかにも資格情報を入力すると画面がオレンジになる例も発生しているそうだ。この問題は古いビデオドライバーが引き起こしているとみられ、ドライバーのアップデートもしくはKB4512941のアンインストールで解決する模様(MSPoweruseSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | Windows

 関連ストーリー:
30日にリリースされたWindows 10累積アップデート適用後にCPU使用率が急上昇する不具合 2019年09月05日
8月のWindows UpdateでVB関係に不具合 2019年08月16日
配信が始まったWindows 10 May 2019 Update、いくつかの不具合が確認される 2019年05月27日
Windows向けの「令和」元号対応に向けた更新プログラム、一部アプリで不具合が確認される 2019年05月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindowsWindows 10

広告