脳波を使ったタイピング、スマートフォンでの平均的な入力速度を上回る

2019年9月10日 09:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国で「脳波タイピング競争」が行われ、「1分あたり691.55バイト」(アルファベット1文字当たり0.413秒に相当)の新記録が出たそうだ。これはスマートフォンでの平均的な入力速度(1分あたり600バイト)を上回るという(AFP)。

 ただ、脳波を使った入力では集中力が求められるとのことで、まだ実用的な段階ではないという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | 入力デバイス | ソフトウェア | IT

 関連ストーリー:
脳波を測定して運動意図を予測する技術 2018年08月22日
心の声を読み取るウェアラブルデバイス「AlterEgo」 2018年04月10日
脳波を観測してパスワードを盗める可能性 2017年07月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告