レジ打ち中に客のクレジットカード情報を暗記、悪用する犯罪が発生

2019年9月9日 18:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 東京都の商業施設のレジで、顧客からクレジットカードを預かった際に氏名やカード番号をその場で暗記し、その情報を使ってネット通販で買い物を繰り返していたパートの男が詐欺などの疑いで逮捕された(時事通信)。

 容疑者のノートには1300件以上のカード番号がメモされていたという。

 スラドのコメントを読む | 犯罪 | ニュース

 関連ストーリー:
三井住友カードのアプリに不正アクセス、約1万7000件の不正ログインか 2019年08月26日
ヤマダ電機のネットショッピングサイトが不正アクセスで改ざんされる。クレジット情報最大37,832件流出の可能性 2019年05月31日
ユニクロやGUに不正ログイン46万件、住所など流出の可能性 2019年05月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクレジットカード

広告