NY原油:大幅反発で56.26ドル、中国経済の急減速に対する警戒感はやや低下

2019年9月5日 07:38

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:38JST NY原油:大幅反発で56.26ドル、中国経済の急減速に対する警戒感はやや低下
NY原油先物10月限は大幅反発(NYMEX原油10月限終値:56.26 ↑2.32)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比+2.32ドルの56.26ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは53.84ドル−56.58ドル。中国経済の急減速に対する警戒感はやや低下したことや、米国株高を意識した買いが入った。英国は欧州連合(EU)からの合意なき離脱を回避するとの見方が広がったことも買い材料となったようだ。《CS》

広告