ウェブ版YouTube Kids、九九で保護者(大人)であることを確認

2019年9月4日 17:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 Googleは8月29日、ウェブ版YouTube Kidsを開始した(YouTube Helpの更新情報SlashGearMashableThe Verge)。

 ウェブ版を使い始めるには保護者による初期設定が必要となるり、保護者(大人)であることを確認するために掛け算の問題が出題される。少し試してみた限り、問題は1桁同士の掛け算(九九)のみであり、答えが1桁になる問題は出なかった。しかし、YouTube Kidsの対象年齢は4歳以下~12歳となっており、対象年齢の大半が簡単に正解できる問題だ。不正解の場合は新しい問題がランダムに出力されるのだが、回数に制限は設けられていないようだ。そのため、掛け算ができなくても適当な数字を選び、(選んだ数字が九九の答えになるものであれば)繰り返し入力し続けることで突破できる可能性もある。

 初期設定完了後の設定変更では、デフォルトの掛け算の他に4桁のパスコードを選択することも可能だ。YouTube Kids保護者向けガイドに記載されている「表示された数字を入力」という保護者確認オプションの動作は確認できなかった。

 The Vergeは簡単には正解できないような問題にすることを提案しているが、逆に大人でも正解できなくなってしまう可能性がある。そもそも何かの問題が解けるかどうかで大人かどうかを確認するのは無理な気もする。スラドの皆さんのご意見はいかがだろうか。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | idle | 教育 | YouTube | 数学

 関連ストーリー:
米調査、ニュースの記述で事実と意見を確実に判別できた人は3割前後 2018年06月22日
子供向けアプリ「YouTube Kids」で成人向けコンテンツが視聴可能なことが判明 2015年05月20日
YouTube、トラブルが多発していることから子供向けコンテンツを専用アプリに集約することを検討 2019年06月21日
YouTube上の子供向け番組に対する懸念の声 2018年10月25日
Google、13歳未満の子供によるデバイスの使用状況を保護者が管理できるアプリを発表 2017年03月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleYouTubeYouTube Kids