UMN Research Memo(7):当面は研究開発資金を優先し、無配を継続する方針

2019年9月2日 15:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:17JST UMN Research Memo(7):当面は研究開発資金を優先し、無配を継続する方針
■株主還元策

UMNファーマ<4585>は、感染症予防ワクチン等のバイオ医薬品の創薬を目指し、研究開発を積極的に行うなかで、創業以来、無配を継続してきた。今後についても企業価値を向上するためには、研究開発に優先的に資金を振り向けていくことが重要との判断から、当面は無配を継続していく方針であり、安定した収益を確保できる経営状態となった段階で財政状況や事業計画等を総合的に勘案しながら、利益配当を検討していく意向となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)《YM》

広告