協和発酵キリンが一段と出直る、新薬に関する発表が相次ぐ

2019年8月28日 09:31

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■掌蹠膿疱症薬の第3相臨床試験の開始などに期待が集まる

 協和発酵キリン<4151>(東1)は8月28日、一段と出直って始まり、取引開始後に1952円(99円高)まで上げて7月16日以来の1900円台回復となった。掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)薬候補の第3相臨床試験の開始(8月26日発表)や、提携先のグラクソ・スミスクラインによる腎性貧血薬の国内承認申請(8月21日発表)が材料視されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。