ドラクエXのプレイヤー支援スマホアプリ、17歳以上向けにレーティング

2019年8月28日 08:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 オンラインゲーム「ドラゴンクエストX」プレイヤー向けの公式スマートフォンアプリ「冒険者のおでかけ超便利ツール」のiOS版が、「疑似ギャンブル」コンテンツのために「17歳以上向け」に変更されたそうだ(GAME Watch)。

 このアプリのコンテンツの1つである、サイコロの出目によってゲーム内で使えるアイテムが入手できるミニゲームがギャンブルだと判断された模様。このミニゲームはゲーム内アイテムの「すごろくチップ」を消費することでプレイできるもの。短時間でアイテムを入手できることからプレイできるのは週3回までという制限があるが、課金アイテムでプレイ回数を増やすことができたという。さらにダイスの出目は等確率ではなく、「実際の宝箱の出現率は1の目が約25%、2の目が約28%、3の目が約11%、4の目が約12%、5の目が約15%、6の目が約7%とばらつきがある」のも問題とされたようだ。

 なお、Android版はいまのところ「3歳以上」のレーティングのままとなっている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | 携帯電話 | ゲーム | iOS

 関連ストーリー:
「GTAオンライン」にアップデートでカジノが追加されるも、ギャンブル規制で多くの国ではプレイできず 2019年07月29日
中国政府、新ビデオゲーム規則で「血」「死体」「麻雀」「ポーカー」「ポルノ」を禁止へ 2019年04月25日
米司法省、1961年制定の有線法の判断を変更しオンラインギャンブルの規制を強化 2019年01月19日
欧米のギャンブル規制当局、ルートボックスに関する共同声明を発表 2018年09月22日
Apple、個人開発者のギャンブル系アプリを一斉リジェクトか 2018年08月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAndroidドラゴンクエスト

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新キャラクターのデザイン(画像: ヤマトホールディングスの発表資料より)
  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース