国際 RSS

 

アマゾン炎上、ブラジル大統領「環境団体が補助金削減の腹いせに放火の可能性」

2019年8月23日 21:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 南米・アマゾン熱帯雨林の火災がTwitterで大きく話題になっているという(AFPCNNBBC)。

 今年アマゾンでは7万件以上の火災が発生しており、これは2013年以来最速のペースだそうだ。TwitterなどのSNSではアマゾンから煙りが立ち上っている写真や焼け跡の写真が拡散されているという。

 アマゾンの過半数はブラジルの国土だが、WWFは森林伐採が火災急増の原因では無いかと批判している。これに対しブラジルのボルソナロ大統領は8月は農業のための「焼き畑」の季節だとし、またこうしたNGOが人目を引くためにわざと犯罪行為をしているかもしれないなどと反論した。

 なお、ボルソナロ大統領は環境保護に対しては否定的で、ブラジル国立宇宙研究所(INPE)による森林が減少しているとのデータを否定したうえ、同研究所の所長を解任している(BBCの別記事)。

 ボルソナロ大統領は極右系政党の所属であり、自分に不利なニュースを「フェイクニュース」と称したり、差別的な発言を繰り返すといった行動から「ブラジルのトランプ」などとも呼ばれる。同大統領については9日に環境保護のため大便を控えろという旨の発言をしたことも報じられていた

 なお、SNS上に投稿されているアマゾン火災の写真は無関係のものが大半だという検証もある(AFP)。これによると、多く「シェア」されている写真は過去に撮影されたものだったり、アマゾンではない場所で撮影されたものだったそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 地球 | Twitter | ニュース | SNS

 関連ストーリー:
北極圏で森林火災相次ぐ 国連「前代未聞の事態」 2019年07月29日
カリフォルニア州最大の電力会社が破産、「気候変動による最初の犠牲者」か 2019年01月24日
イーロン・マスク、火炎放射器を発売。2万台が売れるも山火事被害のあったカリフォルニア州では反発も 2018年06月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードブラジル