欧州為替:ドル・円は106円60銭挟み、米長期金利は伸び悩み

2019年8月23日 19:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:17JST 欧州為替:ドル・円は106円60銭挟み、米長期金利は伸び悩み
 欧州市場でドル・円は106円60銭を挟んだ値動きが続く。米10年債利回りは一時1.66%台に上昇したが、足元は1.64%台に失速しておりドル買いは抑制されているようだ。欧州株や米株式先物の強含みでドルは最近の高値圏を維持しているが、様子見ムードが広がり106円後半への上昇は想定しにくい。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円58銭から106円66銭、ユーロ・円は117円87銭から118円07銭、ユーロ・ドルは1.1056ドルから1.1073ドルで推移した。《FA》

広告

財経アクセスランキング