欧州為替:ドル・円は106円60銭挟み、米長期金利は伸び悩み

2019年8月23日 19:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:17JST 欧州為替:ドル・円は106円60銭挟み、米長期金利は伸び悩み
 欧州市場でドル・円は106円60銭を挟んだ値動きが続く。米10年債利回りは一時1.66%台に上昇したが、足元は1.64%台に失速しておりドル買いは抑制されているようだ。欧州株や米株式先物の強含みでドルは最近の高値圏を維持しているが、様子見ムードが広がり106円後半への上昇は想定しにくい。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円58銭から106円66銭、ユーロ・円は117円87銭から118円07銭、ユーロ・ドルは1.1056ドルから1.1073ドルで推移した。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース