【銘柄フラッシュ】インタートレードなど急伸し長大は業績予想の増額が好感され活況高

2019年8月23日 17:03

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 8月23日は、サニックス<4651>(東1)が15.5%高となり、第1四半期の大幅増益が再評価されたほか、廃プラスチックごみ問題で恩恵を受けるとの見方もあり前後場とも次第高。    長大<9624>(東1)は15.0%高となり、業績予想の増額修正が注目されて活況高。

 三菱鉛筆<7976>(東1)は6.8%高となり、自社株買いが注目され2週間ぶりに1600円台を回復。このところ、韓国での日本製品不買運動を受け、売れ行きを懸念する声があっただけに好感の様子も。

 インタートレード<3747>(東2)はまたもやストップ高の80円高(26.6%高の381円)となり、正午前、LINE証券向けにソリューションシステムを納入と発表したため一段高となりストップ高。決算発表後の8月15日から突如急伸しており、騰勢第二波の見方も。ウインテスト<6721>(東2)は101%高となり、7月決算への期待が再燃とされて再び上値を指向。

 インパクトHD<6067>(東マ)は13.1%高となり、出資先のインド展開などが材料視されて再び出直り。インフォネット<4444>(東マ)は9.1%高となり経産省のIT導入補助金対象認定などが材料視されて一段高。

 ジョルダン<3710>(JQS)はストップ高の300円高(24.0%高の1550円)となり、野村総研との提携が材料視されて出来高も急増。アテクト<4241>(JQS)は19.4%高となり、「自動車用VGターボ」に関する21日の発表が材料視されて連日大幅高となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース