NY原油:反発、景気後退による需要鈍化への懸念が後退

2019年8月17日 09:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:40JST NY原油:反発、景気後退による需要鈍化への懸念が後退

NYMEX原油9月限終値:54.87 ↑0.40

16日のNY原油先物9月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比+0.40ドルの54.87ドルで通常取引を終えた。世界経済が景気後退に陥り需要が鈍化するとの懸念が後退した。《TN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース