ワイヤレスゲートが戻り高値を更新、通期予想を上回る営業利益など注目される

2019年8月16日 10:22

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■今期は契約更新により期初から大幅減益を想定する中で好調

 ワイヤレスゲート<9419>(東1)は8月16日、続伸基調で始まり、9時30分過ぎに6%高の563円(30円高)まで上げて戻り高値を更新。7月26日以来、3週間ぶりの550円台復帰となった。8月14日の昼前に発表した第2四半期連結決算の営業利益(2019年1~6月累計)が0.55億円となり、期初に開示した通期予想の0.41億円を上回ったことなどが注目されている。

 今期・19年12月期の業績見通しは、ヨドバシカメラとの間で締結していた従来の販売業務委託契約を2018年12月期中に解約し、新たな契約を締結したことにより、費用の大幅な増加が見込まれ、当初から通期の連結売上高は0.41億円(前期比78.5%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は小幅黒字転換の0.23億円と開示していた。これらの通期予想は第2四半期発表でも据え置いたが、想定を上回る推移が注目されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース