尻尾型のウェアラブルデバイスが開発される

2019年8月14日 21:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 「尻尾」型のウェアラブルデバイスが開発されているそうだ(ナゾロジー論文)。

 この尻尾は装着した人間の体の動きに応じて動くことで体のバランスを保つことを支援できるというデバイスになっており、タツノオトシゴの骨格構造を参考にしているという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | ハードウェア | サイエンス

 関連ストーリー:
痴漢通報機能を搭載したスマートブラ 2018年07月13日
心の声を読み取るウェアラブルデバイス「AlterEgo」 2018年04月10日
親指がもう1本あったら何に使う? 2017年07月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードウェアラブル端末

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース