1994年発売のファイナルファンタジーVI、まだバグが発見

2019年8月10日 10:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 1994年発売のスーパーファミコン向けゲーム「ファイナルファンタジーⅥ」のバグを使った「やり込みプレイ」を研究・公開しているプレイヤーが日経xTECHにて取り上げられている。

 このプレイヤーは「エディ」と名乗る20代男性で、ゲームをクリアするまでにゲーム内のキャラクターが歩く歩数を少なくすることを目指す、いわゆる「低歩数クリア」を研究しているそうだ。エディ氏はゲームの不具合(バグ)を使って歩数を短縮する手法を複数発見しているが、本職はスマートフォン向けのデバッグやテストプレイなどを行うテストエンジニアなのだという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | ゲーム

 関連ストーリー:
近年注目される「任意コード実行を使ったゲームの高速クリア」 2014年05月15日
ゼルダの伝説のROMにソースコード 2007年11月27日
FF6に任意のコードを実行できる脆弱性が発見される 2015年04月21日
ゲームの短時間クリアのためセーブ中リセットでセーブデータを改ざんするテクニック 2019年02月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードファイナルファンタジー

広告