LibWorkの前6月期は営業利益が59%増加し今期末に上場記念の7円増配

2019年8月9日 13:51

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■インターネットでの集客を特色とし戸建住宅事業などを展開

 Lib Work(リブワーク)<1431>(東マ)は8月9日の後場、急伸し、取引開始後に16%高の1335円(184円高)まで上昇。上場来の高値に進んだ(2019年6月上場)。熊本・佐賀・福岡を中心にインターネットでの集客を特色とした戸建住宅の設計・施工・販売などを行い、昼12時30分に2019年6月期の決算(非連結)と上場記念配当を発表し、注目集中となっている。

■スザンヌさんと新商品を共同開発し6月は過去最高の引き渡し棟数

 2019年6月期の売上高は前期比29.2%増加して65.97億円となり、営業利益は同59.0%増加して5.32億円だった。6月には、にはタレントのスザンヌさんと新商品の共同開発を開始し、単月で過去最高の引き渡し棟数を達成することができた。

 2020年6月期の配当予想は、2019年6月期より7円増配し、年間で1株当たり32円の予定とした。

■今期はエリア拡大を加速し売上高24%増などめざす

 19年6月期は、大分エリア進出にともない、土地ポータルサイト「e土地net」大分版をリリースし、Web集客の拡大を図った。また、熊本県で3店舗目の総合住宅展示場への出店を行った。仕入れ価格と外注費の見直し、販売価格の調整を行うことで売上総利益率の改善に成功した。当期純利益は同53.5%増加して3.91億円となった。

 今期・2020年6月期は、19年7月に「ロボットが案内する無人のモデルハウス」を開始し、8月に大分市の総合住宅展示場へ出店を行い、本格的な営業活動を開始した

 9月には熊本市内で初となる南区の総合住宅展示場への出店を行う。Web発生客の送客場所を含めて集客の安定化を担う予定。また、福岡県への移動式展示場を建築することで、エリア拡大を加速していく。売上高は82.0億円(前期比24.3%の増加)を想定し、営業利益は6.9億円(同29.6%の増加)、純利益は4.62億円(同18.1%の増加)、1株利益は171円14銭の見込みとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 案内ロボット「ゴーカンナ君」(画像: アキュラホーム発表資料より)
  • トヨタ・ハイランダー(画像: 米国トヨタの発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース