国際 RSS

 

トランプ大統領、「銃乱射犯を事前に検知する技術」の開発求める

2019年8月8日 12:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米国では銃乱射事件が相次いで起きているが(過去記事)、これを受けて米トランプ大統領が司法省やソーシャルメディアを運営する企業に対し、大量殺人事件を起こしそうな人を検出するツールを開発するよう求めたという(Verge)。

 「ツール」が具体的にどのようなものなのかトランプ大統領は明かしていないが、プラットフォーム上での活動履歴からユーザーの活動予測を行って事件を起こしそうな人物を事前にあぶり出すというようなシステムを想定していると思われる。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | ソフトウェア | SNS | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
米フロリダ州で開催されていたゲーム大会で銃乱射事件が発生、複数の死傷者が出る 2018年08月27日
米国の犯罪予知システム、効果がないとして使用を取りやめる警察署が相次ぐ 2019年07月13日
米サンタクルーズ、「犯罪予知システム」を試験運用 2011年08月20日
イギリス警察、AIを使って犯罪を犯す可能性のある人に「危険スコア」を付けるシステムをテスト運用 2018年12月06日
神奈川県警が犯罪発生をAIで予測するシステム導入、2020年頃に試験運用目指す 2018年01月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告