国際 RSS

 

ホバーボードによる英仏海峡横断、2度目の挑戦で成功

2019年8月6日 07:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 先日ホバーボードによる英仏海峡横断に失敗したFranky Zapata氏が2度目の挑戦を行い、今回は無事横断に成功した(BBC NewsFranceinfoVergeZapata氏のツイート)。

 Zapata氏は7月25日に1度目の挑戦を行ったが、中間地点でボート上の給油用プラットフォーム着陸に失敗して打ち切りとなっていた。そのため、Zapata氏はホバーボード「Flyboard Air」をアルミ製フレームとリモートコントローラーのプラスチック製ケースだけ残して完全に組み直し、ボートとプラットフォームを大型化して再挑戦したという。

 Zapata氏がフランス・カレーに近いサンガットの海岸を飛び立ったのは8月4日6時17分(GMT)。組み直したホバーボードの十分なテスト時間が取れなかったことを心配していたZapata氏だったが、今回はプラットフォーム着陸も成功し、出発から22分後に約35㎞離れた英国・ドーバーへ到着したとのこと。最高時速は160~170kmに達し、風圧に耐えるのが大変だったそうだ。

 なお、Zapata氏はFlyboard Airが一般用だけでなく軍用であっても実用的なものになるとは考えておらず、誰でも利用可能な乗り物として空飛ぶ自動車を開発しているという。空飛ぶ自動車は既に機能するプロトタイプができており、年内の発表を計画しているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 地球 | スラッシュバック | 交通

 関連ストーリー:
ホバーボード飛行距離世界記録保持者、英仏海峡横断に挑戦 2019年07月28日
ホバーボード飛行距離の世界記録保持者、フランス当局から暫定的な飛行禁止を命じられる 2017年03月18日
フランスの水上バイクチャンピオン、ホバーボードによる飛行距離の世界記録を大幅に更新 2016年05月03日
場所を選ばず最大6分間の浮上が可能なホバーボード「ArcaBoard」、価格は19,900ドル 2015年12月27日
本当に浮くレクサスのホバーボード、ついにお披露目。ただし専用コース上のみ走行可能 2015年08月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング