「スポーツブル」運営の運動通信社、電通などから7.4億円調達

2019年8月6日 20:31

小

中

大

印刷

「SPORTSBULL(スポーツブル)」のイメージ。(画像: 運動通信社の発表資料より)

「SPORTSBULL(スポーツブル)」のイメージ。(画像: 運動通信社の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 「SPORTSBULL(スポーツブル)」を運営している運動通信社(東京都港区)は5日、電通や博報堂DYメディアパートナーズ 、ミクシィ、講談社、プロサッカー選手・本田圭佑氏の個人ファンド「KSK Angel Fund」を引受先とする、7.4億円の第三者割当増資を実施し、各種事業開発の資本業務提携を行ったと発表した。

【こちらも】Revive、1.2億円調達 トップアスリートと交流できる「vibes.」リリースへ

 SPORTSBULLは、2016年11月にスタートした、スポーツ特化型のネットメディア。日本のスポーツ文化の底上げを目的に、特にアマチュアスポーツやマイナースポーツの支援に注力。学生スポーツのライブ配信ほか、40種以上のスポーツに関して、速報や記事、コラム等を配信してきた。結果、2018年8月にMAU1,300万、DAU300万という最高アクセスを記録している。

 一方の第三者割当増資の引受先は、コミュニケーション関連の統合的ソリューション提供を行う電通(東京都港区)、総合メディア事業者の博報堂DYメディアパートナーズ(東京都港区)、デジタルエンタメ事業がメインのミクシィ(東京都渋谷区)、出版業の講談社(東京都文京区)、本田圭佑氏が立ち上げたKSK Angel Fund(米国カリフォルニア州)と、多様な顔ぶれだ。

 今回の各社との第三者割当増資、資本業務提携では、特に新規事業の拡大に注力する。ひとつは、「スポーツ体験創出事業」として、実際のスポーツ観戦体験や、運動体験につながるサービスの提供を有料で行う。

 もうひとつは、「スポーツIP創出事業」として、スポーツを身近に感じさせるエンタメ事業を展開する。詳細は、今後発表予定だが、いずれも、提携各社のビジョン、ノウハウ、アセットを活かして、スポーツに触れる機会を増大させることにより、日本のスポーツ文化の向上を目指すという。

関連キーワード電通本田圭佑博報堂講談社

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース