ネスレ日本、「キットカット」大袋の包装をプラスチックから紙に変更

2019年8月3日 08:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ネスレ日本が、チョコレート菓子「キットカット」の大袋などをプラスチック製から紙製に切り替えると発表した朝日新聞)。

 対象は大袋に小袋が入った「キットカットミニ」5種類で、年間約380トンのプラスチック削減になるらしい。

 ネスレグループは、2025年までに全製品で包装をリサイクルまたはリユース可能なものに切り替える方針とのこと。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | ビジネス | ニュース

 関連ストーリー:
パナソニック、家電でプラスチック代替素材を使用へ 2019年07月11日
植物由来の樹脂を使ったレゴブロック、開発が難航 2019年06月19日
カナダの食料品店、プラスチック製レジ袋削減のためレジ袋に恥ずかしい言葉を印刷 2019年06月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードリユースチョコレートネスレキットカット

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース