国際 RSS

 

SNSの「無限スクロール」やメディア自動再生禁ずる法案 米国が提出

2019年8月2日 12:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 米国のジョシュ・ホーリー上院議員は7月30日、ユーザーを常習化に導くようなソーシャルメディアのテクニックを禁ずる法案「The Social Media Addiction Reduction Technology(SMART)Act」を提出した(プレスリリース法案: PDFThe Verge)。

 ホーリー氏によると、ソーシャルメディアはユーザーの心理につけこんで注意を長時間引き付け、それを広告主に売る設計になっていいるという。そのため法案では、ページ末尾に達すると次のコンテンツを次々に読み込む「無限スクロール」や、オーディオ・ビデオの自動再生、プラットフォームの利用レベルに応じた「達成」バッジのようなものの付与を禁じている。ただし、自動再生についてはプレイリストによって再生されるものや広告などは除外されており、バッジについてもレベル上昇によって利用できる機能が増えるといったものは除外されている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | メディア | 政治 | SNS | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
YouTube、トラブルが多発していることから子供向けコンテンツを専用アプリに集約することを検討 2019年06月21日
陰謀論はYouTubeの視聴時間を延ばすのに役に立つ? 2018年03月16日
若者の「縦スクロール」離れ 2018年03月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告