京都アニメーション放火事件でサーバーから原画含む全データが回収

2019年7月31日 22:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 放火殺人事件が発生した京都アニメーション第1スタジオで、スタジオにあったサーバーから原画を含む全データが回収されたそうだ(朝日新聞読売新聞)。

 サーバーは全焼した3階建てスタジオ1階にあったが、四方をコンクリートに覆われた部屋にあったため、焼損を免れたほか水をかぶった様子も無かったという(ITmedia)。データの中にはデジタル化された原画もあったようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | アニメ・マンガ | IT | ストレージ

 関連ストーリー:
放火被害の京アニ第1スタジオ、建物や設備に消防法令状の問題はなく防火・防災に熱心な事業所として表彰されていた 2019年07月25日
京都アニメーションのスタジオで火災、負傷者多数 2019年07月18日
さくらインターネットのデータセンター、リアルに炎上してサーバダウン 2008年12月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。