東京為替:ドル・円は108円付近、節目を挟んで攻防

2019年7月22日 14:07

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:07JST 東京為替:ドル・円は108円付近、節目を挟んで攻防

 22日午後の東京市場でドル・円は108円付近にやや値を上げた。日経平均株価は前週末終値を下回る水準に変わりはないが、上海総合指数は下げ幅を縮小し株安を嫌気した円買いはやや後退。ただ、米10年債利回りは上げ渋る展開が続き、108円を上抜く材料としては不十分のようだ。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円70銭から108円07銭、ユーロ・円は120円80銭から121円14銭、ユーロ・ドルは1.1208ドルから1.1221ドル推移した。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース