東京為替:ドル・円は値を戻す展開、上海総合指数は堅調

2019年7月19日 11:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:17JST 東京為替:ドル・円は値を戻す展開、上海総合指数は堅調
19日午前の東京市場でドル・円は107円50銭台と、値を戻す展開。日経平均株価は前日比300円超高の堅調地合い、上海総合指数もプラス圏で推移しておりリスク選好的な円売りが観測される。一方、欧米株式先物も強く今晩の株高が期待されるが、全般的にドル売りの流れに変わりはなく目先の戻りも限定的となりそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円22銭から107円60銭、ユーロ・円は120円97銭から121円25銭、ユーロ・ドルは1.1224ドルから1.1241ドルで推移した。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース