前日に動いた銘柄 part2 森永乳業、サイバーステップ、ギフトなど

2019年7月18日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2 森永乳業、サイバーステップ、ギフトなど
銘柄名<コード>⇒17日終値⇒前日比
IDOM<7599> 381 -17
16日は決算を受けて大幅高となったが。

森永乳業<2264> 4385 -365
経営統合の実現性には懐疑的な見方も多いもよう。

ベクトル<6058> 826 -45
第1四半期大幅減益決算を引き続きマイナス視。

システナ<2317> 1815 -54
台湾のKiwiとコールドチェーン向けソリューションを開発と伝わるが。

RPAホールディングス<6572> 1772 -57
第1四半期2ケタ減益決算を引き続き嫌気。

システム情報<3677> 1122 -54
高値圏で利食い売り圧力も強まる。

リンクアンドモチベーション<2170> 555 -21
高水準の信用買い残など需給面も重し。

ソフトバンクグループ<9984> 5069 -122
裁定解消売りの影響なども指摘。

村田製作所<6981> 4617 -116
17日は半導体や電子部品がさえない動きに。

コマツ<6301> 2490.5 +19.0
クレディ・スイス証券が格下げも悪影響限定的。

サイバーステップ<3810> 1108 +150
今期の収益急回復見通しを好感。

ユーピーアール<7065> 4865 +295
業績・配当予想上方修正を引き続き材料視。

アクロディア<3823> 217 -14
第3四半期営業損益赤字転落を嫌気。

ウォンテッド<3991> 4670 -65
19年8月期第3四半期の営業利益は3.23億円と大幅増益での着地に。

TKP<3479> 4710 -210
20年2月期第1四半期決算は堅調ながら物足りないとの評価が優勢。

ソフトウェアS<3733> 11000 +590
6月度の好調な月次業績を買い材料視。

マネーフォワード<3994> 3375 -130
19年11月期第2四半期決算を受けて買いが先行するも利食いに押される。

ポエック<9264> 2929 -141
19年8月期第3四半期は大幅増益となるも買いが続かず。

テイツー<7610> 44 +2
20年2月期第1四半期の営業利益は0.72億円で着地。

ギフト<9279> 4930 +120
ラーメン天華とケイアイケイフーズの株式を取得し、子会社化すると発表。

モブキャスト<3664> 270 -49
第三者割当による第30回新株予約権を発行、調達額は約15億円。

シャノン<3976> 1451 +45
JPメディアダイレクトとサービス開発および販促やマーケティング活動を共同実施
へ。

富士山マガジン<3138> 780 +24
イードとの提携及び上期計画の上方修正を引き続き材料視。《FA》

広告