NY金:小幅安で1411.20ドル、中東情勢の緊張度はやや低下

2019年7月17日 07:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:33JST NY金:小幅安で1411.20ドル、中東情勢の緊張度はやや低下
NY金先物8月限は小幅安(COMEX金8月限終値:1411.20 ↓2.30)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比−2.30ドルの1オンス=1411.20ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1402.10−1420.00。6月米小売売上高が市場予想を上回ったことや、中東情勢の緊張度はやや低下したことから、安全逃避的な金買いは縮小した。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース