ティーケーピー 1Q決算、営業利益は過去最高を更新し、通期計画は大幅増収増益

2019年7月16日 20:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*20:15JST ティーケーピー---1Q決算、営業利益は過去最高を更新し、通期計画は大幅増収増益
ティーケーピー<3479>は16日、2020年2月期第1四半期(2019年3月-5月)の連結決算を発表した。社員教育研修等が増加したことや、企業の「働き方改革」への取り組みの活発化により、よりフレキシブルなオフィススペースの需要が増加し、貸会議室・ホテル宴会場の需要が増加した。さらに、企業のパーティーなどのイベント開催数も増加したため、上位グレードである「ガーデンシティPREMIUM」等の利用が増加したことから、第1四半期会計期間において、売上高104.05億円(前年同期比14.1%増)、営業利益20.87億円(同18.2%増)、経常利益10.53億円(同38.4%減)、四半期純利益4.09億円(同58.7%減)と6月26日発表の修正計画通り進捗し、営業利益は過去最高となった。経常利益は、前回発表の数値の通り一時的な買収手数料約8.0億円を計上しており、特に変化なし。
第1四半期末では、全国の大都市圏を中心に2,489室(前期末比16.5%増)の貸会議室・宴会場を運営している。

2020年2月通期の業績予想については、売上高が前期比54.5%増の548.97億円、営業利益が同50.3%増の64.46億円、経常利益が同33.2%増の53.97億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同67.4%増の31.69億円としている。《MH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース