ミロク情報サービスは東京海上日動火災保険と損害保険募集代理店業務委託契約を締結

2019年7月16日 09:00

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■企業賠償責任保険や損害保険商品の取り扱いを7月11日より開始

 ミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は、東京海上日動火災保険と損害保険募集代理店業務委託契約を締結した。

 会計事務所とその顧問先である企業・個人事業主ならびにMJSと直接取引している企業に向け、企業と従業員を防衛する企業賠償責任保険やサイバーリスク保険をはじめとする損害保険商品の取り扱いを、7月11日より開始した。

 近年、事業活動に伴い発生した事故の損害賠償金の高額化や不正アクセス、ネットワーク障害といったセキュリティ事故など、企業を取り巻くリスクが多様化している。こうした背景を受け、MJSは、東京海上日動と損害保険募集代理店業務委託契約を締結し、かねてよりニーズの高かった損害保険商品の取り扱いを開始した。特に、サイバーリスク保険は、同社が提供するハードウェア・ソフトウェアのセキュリティ製品によるリスク回避に加え、万一、何らかの理由によりサイバーセキュリティ事故が発生した場合のリスクを補償できる。

 MJSは、2017年よりエヌエヌ生命保険の法人向け生命保険(第一分野)、2018年よりオリックス生命保険、ネオファースト生命保険、日本生命保険相互会社の法人向け生命保険と医療保険(第三分野)を取り扱ってきた。今回の損害保険商品の取り扱い開始により、保険商品の提供サービスを拡充することで、会計事務所ならびにその顧問先である企業・個人事業主やMJSと直接取引している企業のニーズに合わせ た、より幅広い提案が可能となった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース