米連邦取引委員会、Facebookの個人情報取扱で約50億ドルの制裁金課す和解案承認か

2019年7月16日 08:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

クイズアプリを通じてFacebookユーザーの個人情報が英選挙コンサルタント企業Cambridge Analyticaに渡っていた問題について、米連邦取引員会(FTC)がFacebookに約50億ドルの制裁金を課す和解案を承認したと米ニュースメディアが報じている(Bloomberg.co.jpの記事NHKニュースの記事The Washington Postの記事The Wall Street Journalの記事)。

この問題は昨年3月に表面化し、FTCではFacebookが個人情報取り扱いに関する2011年の同意審決に違反した可能性があるとみて調査を開始していた。

これについて あるAnonymous Coward 曰く、 米テクノロジー企業に対する制裁金として50億ドルは過去最大規模だが、Facebookの2018年の売上高は約560億ドルとのことで、同社に壊滅的な影響を与える程ではないという。

 そのため、下院反トラスト・商業・行政法小委員長のデビッド・シシリン氏は手首をひっぱたく程度のものだと批判しており、報道を受けてFacebook株は2%近く上昇したとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 政治 | Facebook | アメリカ合衆国 | 政府 | お金 | プライバシ

 関連ストーリー:
Facebook、報奨金付きマーケットリサーチアプリ「Study from Facebook」を発表 2019年06月16日
Facebookがグラフ検索機能を一部無効化。プライバシー問題が原因か 2019年06月14日
多国籍IT企業の本社が置かれるアイルランドで個人情報保護に関する15件の公開調査が進行中。Facebookが中心 2019年03月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebook

関連記事